実績の豊富な相性の合う弁護士

女性の社会進出が進んでいる我が国においても、離婚数は上昇中で、一度しかない人生を、我慢や忍耐で過ごすことなど無意味だ、と考える方も増えています。ただ、夫婦間両者が同じ考えであれば、スムーズに婚姻関係を解消できますが、結婚とは違って離婚は、根本的に両者の考えにずれが生じた結果として引き起こされているので、話し合いでうまくまとまらず、泥沼化してしまうことも珍しくありません。このような時は、弁護士に相談するのが賢明で、第三者を入れて話を進める方が間違いありません。ただ、専門家に依頼するに当たって、とてもデリケートな問題を扱うこととなるため、選択も重要で、ただ単に専門知識があるだけでは望むような結果は得られません。弁護士を依頼する際には、離婚問題を多々扱い、得意としていること、そして、心から信頼できるか否かをきちんと見極めましょう。配偶者の不貞行為が原因の場合には、まず、興信所などで証拠を押さえてもらうと、その流れで、離婚相談を専門に行っている弁護士を紹介してもらえることもあるのでスムーズです。相談だけなら無料で行っている事務所も多く、実際の依頼となって始めて料金が発生するので、まずは一歩踏み出すことが大切です。

バックナンバー

↑PAGE TOP