ストーカー被害の依頼は弁護士へ

ストーカー被害は弁護士に依頼

悩みは迷わず弁護士に相談を

別れた彼や、見知らぬ人物からしつこいストーカー行為を受けていて悩んでいるという方は、弁護士に依頼の相談をしてみましょう。最初は少しだった待ち伏せや監視行為、メールや電話などは、時間と共にエスカレートしてくる場合が多く、本人のみならず家族や周りの人達にまで被害を与えるといった事も実際に起こっています。ストーカー被害に遭っていることに気付いても、ひとりで警察に行くのは何だか不安。そんな方は、まず弁護士に依頼してみましょう。ストーカー被害についての相談を聞いた上で、規制法に基づく被害であるかなど法律上の判断を下してくれます。警察への被害の報告後は、弁護士が代理人になってくれるように依頼します。ストーカー行為の加害者との連絡や交渉は、全て弁護士が行ってくれるので、加害者と直接会ったり話したりという機会が無くなります。こういった場合以外で被害者に接触しようとするとストーカー行為となり警察も迅速に動いてくれます。被害に遭っていると感じたら、ご自分や大切な家族の安全のためにも、出来るだけ早い解決法を見つけることが大切です。信頼できる弁護士に依頼をすることで、告訴や加害者への警告もしっかり行ってくれ、警察の良い対応も期待する事が可能となります。

バックナンバー

↑PAGE TOP